必要書類で困ったら

海外FX口座開設の際に提出する書類について解説

海外FX業者に取引口座を開設するためには、「本人確認書類」と「住所証明書類」の2つの書類の提出が要求される場合が一般的です。
反マネーロンダリングテロ資金規正などの観点より、海外FX業者での書類チェックは厳しくなっています。
適切な書類を提出することがスムーズに海外FXでの取引をスタートするカギとなります。
このページを参考にして、正しい書類提出を行いましょう。

書類は必ず「本人確認書類」と「住所証明書類」の2点を用意しておくこと

基本的に、海外FXの口座開設には、「本人確認書類」と「住所証明書類」の2つの書類提出をリクエストされると思っていた方がよいです。
※SEVENFX、IFC Marketsは本人確認書類1点のみで口座開設可能

 

業者によっては事前の書類提出無しで取引できる場合もありますが、それでも出金時には必ず書類提出を要請されます。
スムーズな取引、スムーズな出金のために、必ず事前に必要書類2点を提出しましょう。

 

img_document01

受付可能な本人確認書類

本人確認書類は、「パスポート」「運転免許証」などの写真付身分証明書を指します。

 

  • ・パスポート写真ページ
  • ・運転免許証
  • ・写真付住基カード
  • ・在留カード

 

受付可能な例と受付不可能な例

img_document02

受付可能な住所証明書類

住所証明書類は、民間機関または公的機関など第三者が発行した書類を指します。
「氏名」、「現住所」、「発行日」が記載されていることが受付可能な書類の条件となります。

 

・住民票
・公共料金明細書(電気、ガス、水道、電話など)
・クレジットカード利用明細/銀行からの通知
・健康保険証
・印鑑証明書
・納税関連書類

 

受付可能な例と受付不可能な例

img_document03

「書類が何か月以内の発行であるか」については、各海外FX業者によって異なります。
詳しくは下記リストをご覧ください。

 

海外FX業者 書類発行日

logo_xm01

XM

6ヶ月以内発行

logo_pivotmarkets01

Pivot Markets

6ヶ月以内発行

logo_traderstrust01

Traders Trust

6ヶ月以内発行

logo_fxpro01

FxPro

6ヶ月以内発行

logo_fxnet01

FxNet

3ヶ月以内発行

logo_fxdo01

FXDD

3ヶ月以内発行

 

運転免許証1点だけでは口座開設できない

海外FX業者では、運転免許証1点のみの提出で口座開設はできません。
運転免許証とは別に、住所証明書類をご用意ください。

 

img_document04

 

マイナンバーカードも受付可能

2016年4月にマイナンバーカードが発行されたことを受けて、いくつかの海外FX業者では、
本人確認書類または住所証明書類として、マイナンバーカードを受け付け始めました。

 

ただし、マイナンバーカード1点のみの書類提出で口座開設はできませんので、
別途本人確認書類または住所証明書類をご用意ください。

img_document05

マイナンバーカード受付状況を下記に記しますので、ご覧ください。

 

【注意】顔写真付きのマイナンバーカードのみが、本人確認書類として利用可能です。
「マイナンバー通知カード」は顔写真がないため本人確認書類としては不適切であり、
2015年10月に一斉発行されているため住所証明書類としても不適切です。

海外FX業者 マイナンバーカード受付状況

logo_xm01

XM

本人確認書類または住所証明書類として受付可能

logo_pivotmarkets01

Pivot Markets

本人確認書類として受付可能

logo_traderstrust01

Traders Trust

本人確認書類または住所証明書類として受付可能

logo_fxpro01

FxPro

本人確認書類として受付可能

logo_fxnet01

FxNet

本人確認書類として受付可能

logo_ifcmarkets01

IFC Markets

本人確認書類として受付可能

logo_sevenfx01

SEVENFX

本人確認書類として受付可能

logo_fxdo01

FXDD

本人確認書類または住所証明書類として受付可能

投資タイプ別海外FX業者診断