Tradeview 基本情報

口座開設

  • 基本情報
  • 口座開設手順
  • 必要書類
  • キャンペーン
  • 入金方法
  • 出金方法
  • お知らせ
  • よくある質問
Tradeviewへようこそ

超低スプレッドとECN方式の、最強トレード環境!

Tradeview(トレードビュー)はTradeview Ltd社が運営している海外FXブランドです。知名度は低いかもしれませんが、2004年からFXサービスを提供している、知る人ぞ知る良質なブローカーです。最高のトレード環境を用意することにこだわり抜いたその姿勢は非常に好感が持てます。「予算はまずスプレッド水準や約定力の向上など、トレード環境の整備に使うべきだ」、という同社CEOティモシー・フレイ氏の考え方に共感できない人はいないでしょう。経営陣の顔が見え、決算情報も公表されているので安心して使い続けられますね。

ドル円スプレッド 最大レバレッジ 最低取引量 日本人サポート ユーザー評価
0.0Pips~ 500倍 1,000通貨 4名 9.0
ドル円スプレッド 0.0Pips~
最大レバレッジ 500倍
最低取引量 1,000通貨
日本人サポート 4名
満足度 9.0

概要

企業情報

Tradeviewは、Tradeview Ltdが2004年に立ち上げた海外FXサービスです。長く為替業界でキャリアを築いてきたティモシー・フレイ氏を始めとする経営陣の指揮の下、TradeviewはFXトレーダーが心から望むであろうサービス提供に専心しています。0.0Pipsからの超低スプレッド(取引手数料あり)、利益相反のないECN注文方式、不安を取り除くための徹底した情報開示。こうしたサービス品質とトレーダー第一の姿勢が世界中で支持を集めています。そんなTradeviewが、この度ついに日本人向けにFXサービスの提供を開始します。世界中のFXトレーダーが惚れ込んだTradeviewを是非お試しください!

会社名 Tradeview Ltd
ライセンス CIMA License No. 585163
所在地 94 Solaris Avenue. Suite 1348 Camana Bay, Grand Cayman, KY1-1108, Cayman Islands
設立年月日 2004年6月1日
社員数 36名
資本金 非開示
日本人サポート 4名
サポート対応時間 月曜午前5時~土曜6時
取引ツール

Tradeviewは、MT4、cTrader、Vikingの3種類の取引ツールを用意しています。
トレーダーの皆さんの取引スタイル、投資額に合わせてお好きなツールを選んでください。
どの取引ツールでもインターバンク直結の取引環境でトレードが可能です!

口座タイプ

Tradeviewは4種類の口座タイプを提供しています。
外付け手数料なし、ドル円平均スプレッド1.9Pipsの非常にオーソドックスなMT4 Standard口座。
平均ドル円スプレッド0.2Pips(取引手数料あり)のMT4 ILC口座。
ECN専用取引ツールとして人気の高いcTraderを使って、ドル円平均スプレッド0.2Pips(取引手数料あり)でトレードできるcTrader口座。
プロトレーダー・ヘッジファンド御用達のViking Traderが使える、ドル円平均スプレッド0.3Pips(取引手数料あり)のViking口座。
すべての口座タイプがインターバンク環境ですので、ブローカーとの利益相反はありません。各口座タイプは取引条件が非常に異なっていますので、下記の表でスペックをご確認ください。

  MT4 (MetaTrader4)
Standard口座 ILC口座
口座通貨 USD, JPY, EUR, GBP, AUD, CAD, MXN
ドル円スプレッド 平均1.9Pips 平均0.2Pips
取引手数料 なし 片道2.5米ドル/lot
最低入金額 1万円 10万円
最大レバレッジ 500倍 200倍
最小取引量 1,000通貨 10,000通貨
最大取引量 とくになし
取扱い商品数 60通貨ペア、CFD50銘柄
注文方式 STP ECN
スプレッド方式 変動
  cTrader口座
口座通貨 USD, JPY, EUR, GBP, AUD, CAD, MXN
ドル円スプレッド 平均0.2Pips
取引手数料 片道2.5米ドル/lot
最低入金額 10万円
最大レバレッジ 400倍
最小取引量 1,000通貨
最大取引量 とくになし
取扱い商品数 60通貨ペア、CFD50銘柄
注文方式 ECN
スプレッド方式 変動
  Viking口座
口座通貨 USD, JPY, EUR, GBP, AUD, CAD, MXN
ドル円スプレッド 平均0.3Pips
取引手数料 片道3.0米ドル/lot
最低入金額 10万円
最大レバレッジ 400倍
最小取引量 1,000通貨
最大取引量 とくになし
取扱い商品数 60通貨ペア、CFD50銘柄
注文方式 STP
スプレッド方式 変動
MT4 (MetaTrader4)
Standard口座
口座通貨 USD, JPY, EUR, GBP, AUD, CAD, MXN
ドル円スプレッド 平均1.9Pips
取引手数料 なし
最低入金額 1万円
最大レバレッジ 500倍
最小取引量 1,000通貨
最大取引量 とくになし
取扱い商品数 60通貨ペア、CFD50銘柄
注文方式 STP
スプレッド方式 変動
ILC口座
口座通貨 USD, JPY, EUR, GBP, AUD, CAD, MXN
ドル円スプレッド 平均0.2Pips
取引手数料 片道2.5米ドル/lot
最低入金額 10万円
最大レバレッジ

200倍

最小取引量 10,000通貨
最大取引量 とくになし
取扱い商品数 60通貨ペア、CFD50銘柄
注文方式 ECN
スプレッド方式 変動
cTrader口座
口座通貨 USD, JPY, EUR, GBP, AUD, CAD, MXN
ドル円スプレッド 平均0.2Pips
取引手数料 片道2.5米ドル/lot
最低入金額 100円
最大レバレッジ 400倍
最小取引量 1,000通貨
最大取引量 とくになし
取扱い商品数 60通貨ペア、CFD50銘柄
注文方式 ECN
スプレッド方式 固定 
Viking口座
口座通貨 USD, JPY, EUR, GBP, AUD, CAD, MXN
ドル円スプレッド 平均0.3Pips
取引手数料 片道3.0米ドル/lot
最低入金額 10万円
最大レバレッジ 400倍
最小取引量 1,000通貨
最大取引量 とくになし
取扱い商品数 60通貨ペア、CFD50銘柄
注文方式 STP
スプレッド方式 変動
取引条件

Tradeviewが最低0.0Pips~の超低スプレッドを提供できるのは、Bank of America Merrill Lynchなど超一流金融機関から優遇されたプライスを提供されているからです。これら大手金融機関から提供された膨大な買値と売値の中から、ベストな組み合わせを選んでいるからこそ、これだけの良質なスプレッドを提供できるのです。
また、Tradeviewは国内FX業者同様の信託保全契約をFundadministration社と結び、顧客資金の信託保全態勢を構築しています。当然、追証なし、ゼロカットありなので、より安心してFXトレードを楽しんでいただけます。

取引プラットフォーム MT4、cTrader、Viking Trader
取引時間

夏時間:月曜6:05~土曜5:55(日本時間)
冬時間:月曜7:05~土曜6:55(日本時間)

時差

夏時間:時差8時間
冬時間:時差9時間

マージンコール なし
ロスカット 証拠金維持率100%以下で発動。最も損失を出しているポジションから順次クローズ。
両建て 可能
スキャルピング 可能
追証 なし
カバー先  Bank of America Merrill Lynch, Citibank, RBS, UBSなど世界有数の金融機関50社とカバー提携およびプライス提供
顧客資金保全方法 Santander Bankにて完全分別保管。Fundadiministration社との信託契約による信託保全。
顧客資金補償 35,000米ドルまでの資金補償
入出金方法

Tradeviewは入出金方法として、クレジットカード、海外銀行送金、ビットコイン入金(Upholdのサービス経由)に対応しています。
クレジットカードはVisaとMasterCardが利用可能です。即日入金反映なので、すぐトレードしたいときにおすすめです。
国内銀行送金には対応していませんが、Tradeviewの海外銀行送金は1~2営業日で反映されるため、他社以上に利便性が高いのが特徴です。
また、今世界中から注目されているビットコイン入金も利用できます。

1.クレジットカード

Visa, MasterCard, China Union Payのカードブランドが利用できます。
Tradeviewのクレジットカード入金は即日入金反映・手数料無料という強みがあります。Tradeviewの入出金方法の中で、最も使いやすい手段ではないでしょうか。
ただし、1回につき50万円までの入金という上限が設けられていますので、ご注意ください。
カード出金では、カード入金した金額を超えて出金することができません。
※2017年8月現在、決済会社のコンプライアンス強化のため、日本を含むアジアからのカード利用は現在停止しています。

最低入金額 とくになし
入金手数料 なし
入金反映時間 即日
最低出金額 とくになし
出金手数料 なし
出金完了時間 3~5営業日

※入金してから30日が経過するまではカード出金はできません。

2.国内銀行送金

Tradeviewは国内銀行送金を導入していません。

3.海外銀行送金

Tradeviewへの50万円を超える入金をされる際には、海外銀行送金がおすすめです。
海外銀行送金は着金が遅いイメージですが、Tradeviewでは1~2営業日で取引口座に反映されるので、他社に比べてスピーディです。
入出金額制限、出金額制限はありませんが、35米ドル相当の出金手数料が発生しますので、出金の際にはご注意ください。

最低入金額 とくになし
入金手数料

なし

入金反映時間 1~2営業日
最低出金額 とくになし※
出金手数料 35米ドル相当
出金完了時間 3~5営業日

※出金手数料35米ドル相当と金融機関側の手数料よりも大きい金額であること。

総合評価

海外FX業者Tradeview(トレードビュー)は、企業理念・取引条件が群を抜いて素晴らしい海外FXブランドです。経営陣の情報はもちろんのこと、担当社員の情報もできるだけ開示し、トレーダーが抱くであろう不安を払しょくできるよう腐心する姿勢はとても好ましいです。世界有数の金融機関との協力関係の下、すべての口座タイプにて優遇されたスプレッドを配信しています。もちろん全口座タイプがECNないしはSTPのインターバンク直結型なので、公平性・約定力ともに問題なしです。国内銀行送金未対応のため、入出金は他社より劣っているかもしれませんが、それを補って余りある安心感・信頼感・サービス内容を持っています。

口座開設手順

ここでは、Tradeviewの口座開設手順について説明していきます。以下の画像と説明文に従えば、スムーズに口座開設することができます。

1.口座開設画面を開く

下記リンクより、Tradeviewの口座開設ページを開いてください。

Tradeviewの口座開設はこちら

 

2.フォームを入力する

tradeview_口座開設01

Tradeviewの口座開設は1ページのフォーム入力で完了します。

まずは、「居住国」と「取引口座の通貨建て」を選択します。

 

tradeview_口座開設02

次に、希望する口座タイプと基本情報を入力しましょう。

ご希望の取引システムでは、「取引プラットフォーム」欄にご希望の口座タイプを選択します。

お名前・ご住所等では、「姓名」、「性別」、「パスポート番号」、「生年月日」、「国籍」、「配偶者の有無」、「メールアドレス」、「電話番号」、「国」、「都道府県」、「市区町村」、「住所(番地・部屋番号)」、「郵便番号」をそれぞれ入力・選択します。

※半角英数字で入力してください。

住所入力は以下の例を参考にして、英語表記で入力してください。

 

【例】
日本語表記:神奈川県横浜市中区港町1-2-2
英語表記:1-2-2 Minatocho, Naka-ku, Yokohama-shi, Kanagawa

国:Japan
都道府県:Kanagawa
市区町村:Yokohama-shi
住所:1-2-2 Minatocho, Naka-ku

 

tradeview_口座開設03

続いて、職業と投資経験について情報入力します。

ご職業では、「職業」、「勤務先」、「業種」、「年収」、「純資産」をそれぞれ選択・入力します。

投資のご経験では、取引したことのある投資商品を選択してください。

※その他・備考欄は空欄で構いません。

 

tradeview_口座開設04

最後に、利用規約への同意として、チェックボックスにチェックを入れたら、「送信」をクリックします。

 

3.必要書類をアップロードする

tradeview_口座開設05

口座開設フォームを送信すると、自動的に書類アップロード画面に切り替わります。本人確認書類1点と住所証明書類1点の必要書類合計2点をアップロードしましょう。

 

Tradeviewの必要書類につきましては、下記ページをご参照ください。

Tradeview口座開設に利用できる必要書類について

 

以上で、Tradeviewの口座開設手続きは完了です。口座が有効化され、取引口座情報のメールがTradeviewより送られてくるまでしばらくお待ちください。

必要書類

ここでは、Tradeviewの口座開設に必要となる提出書類について説明していきます。以下の画像と説明文から、Tradeviewの口座開設にとって適切な必要書類を用意しましょう。
Tradeviewでは、本人確認書類1点と住所証明書類1点の合計2つの書類が必要となります。

本人確認書類

Tradeviewは、運転免許証、パスポート、写真付住基カード、在留カード(外国籍のお客様の場合)のうちどれか1点を、本人確認書類として受領することができます。本人確認書類は、公的機関が発行した写真付の身分証明であることが必須になります。

注意

本人確認書類は、スキャナーでのカラースキャンしたデータもしくはデジタルカメラや携帯電話・スマートフォンのカメラで撮影した写真データを提出してください。
提出の際には、下記のように撮影の仕方に注意してください。

  • カラーで撮影すること、白黒は受付不可
  • フラッシュなどの光が反射して、必要情報が読み取れない場合は受付不可
  • 有効期限以内の書類でないと受付不可
  • 書類全体が撮影されていない(書類の四隅が写っていない)と受付不可
  • ピントが合っておらず内容が確認できない場合は受付不可

住所証明書類

Tradeview は、住民票、公共料金請求書/領収書(電気・ガス・水道)、電話料金請求書、クレジットカード請求書、銀行からの明細書、健康保険証、印鑑証明書、のうち どれか1点を、住所証明書類として受領することができます。本人確認書類は、発行から3ヶ月以内の書類であることが必須になります(ただし、健康保険証は 有効期限内であることが必須です)。

注意

住所証明書類は、スキャナーでのカラースキャンしたデータもしくはデジタルカメラや携帯電話・スマートフォンのカメラで撮影した写真データを提出してください。
提出の際には、下記のように撮影の仕方に注意してください。

住民票
  • 発行日が3ヶ月以内であること
  • カラーで撮影すること、白黒は受付不可
  • フラッシュなどの光が反射して、必要情報が読み取れない場合は受付不可
  • 有効期限以内の書類でないと受付不可
  • 書類全体が撮影されていないと受付不可
  • ピントが合っておらず内容が確認できない場合は受付不可

公共料金請求書、電話料金請求書、クレジットカード請求書、銀行明細
  • 発行日から3か月以内であること
  • 現住所が記載されていること
  • カラーで撮影すること、白黒は受付不可
  • フラッシュなどの光が反射して、必要情報が読み取れない場合は受付不可
  • 有効期限以内の書類でないと受付不可
  • 書類全体が撮影されていないと受付不可
  • ピントが合っておらず内容が確認できない場合は受付不可

健康保険証
  • 有効期限内であること
  • 表面に現住所の記載が印字されてい無い場合、裏面に現住所を手書きしてもOK
  • カラーで撮影すること、白黒は受付不可
  • フラッシュなどの光が反射して、必要情報が読み取れない場合は受付不可
  • 書類全体が撮影されていないと受付不可

入金方法

ここでは、Tradeviewの入金手順について説明していきます。以下の画像と説明文に従えば、スムーズに入金することができます。
Tradeviewの入金はTradeviewウェブサイトの入金ページより行います。

Tradeview入金ページはこちら

 

クレジットカード入金

※2017年8月現在、提携している決済会社のコンプライアンス強化のため、日本を含むアジアからのクレジットカード利用は現在停止中です。

tradeview_入金方法01

Tradeview入金ページにアクセスすると、入金方法が一覧になって表示されています。この中から、「クレジット/デビットカード」を見つけて、「入金する」をクリックします。

 

tradeview_入金方法02

クレジットカード入金についての注意事項が表示されますので、「同意する」をクリックします。

 

tradeview_入金方法03

カード入金申請画面に移動しました。各項目を入力・選択していきます。

 

tradeview_入金方法04

まずは、個人情報を入力します。「名(First Name)」、「姓(Last Name)」、「メールアドレス(Email)」、を入力してください。

 

tradeview_入金方法05

次は住所について入力します。下記の例を参考に、英語表記で入力・選択してください。

 

【例】
日本語表記:神奈川県横浜市中区港町1-2-2
英語表記:1-2-2 Minatocho, Naka-ku, Yokohama-shi, Kanagawa, 231-0017

Address:1-2-2 Minatocho, Naka-ku
City:Yokohama-shi
State/Province:Kanagawa
ZIP/Posta; Code: 231-0017
Country/Region:Japan

「電話番号(Phone)」の入力は先頭の「0」と「ハイフン記号(―)」を取り除いて記入してください。

 

tradeview_入金方法06

続いて、入金情報を入力します。「入金金額(Amount)」、「入金する通貨建て(Currency)」、「Tradeview取引口座番号(Account Number)」、「セキュリティ用コード(Enter Code)」を入力・選択してください。
※Enter Codeには、表示されている6桁の数字を入力します。

 

以上、全ての入力・選択が完了したら、「Confirm」をクリックします。

 

tradeview_入金方法07

クレジットカード決済画面にジャンプします。「お客様情報」に前の画面で入力した内容が表示されていますので確認してください。

「クレジットカード保持者名」、「カード番号」、「有効期限」、「CVV2コード(カード署名欄右上の3~4桁の数字)」を入力・選択します。

 

入力が終わったら、チェックボックスにチェックを入れて、「続ける」をクリックします。

 

tradeview_入金方法08

確認画面が表示されます。表示された情報が正しいことを確認したら、「取引を確認」をクリックします。

これで、クレジットカード入金手続きは完了しました。

 

海外銀行送金での入金

tradeview_入金方法01

Tradeview入金ページの入金一覧の中から、「銀行送金」を見つけて、「入金する」をクリックします。

 

tradeview_入金方法09

海外銀行送金先の銀行送金が表示されます。入金する通貨建てによって送金先が異なるので注意してください。

 

tradeview_入金方法10

マウスカーソルを合わせてクリックすると、送金先情報が表示されます。インターネットバンキングなどを利用して、この銀行口座へ海外送金を行ってください。

 

以上で、海外銀行送金での入金手続きは完了しました。

入金方法についてのお問い合わせ

出金方法

出金方法についてのお問い合わせ

よくある質問

このページでは、Tradeviewを利用するに当たって生じる、「よくある質問」について分かりやすく解説します。口座開設関連、入出金関連、取引関連、取引ツール関連の各カテゴリから、解決したい問題をお選びください。

ただ今、準備中です。